また旅

日々のこと、画面の中でのこと (今はIDCFクラウド、KUSANAGI、WordPress、Vagrant及びCodeIgniter).

WordPress

IDCFクラウドでブログ WORDPRESSのインストール その2

IDCFクラウドでブログ WORDPRESSのインストール」で下記の通り書いちゃいましたが、全然OKじゃなく、たまたま動いていただけでした。

今日は補足することもあまりないのですが、無理やりあげるとすると、うっかりデータベースの設定を忘れてしまった。または、WordPressをクリーンな状態に戻したいって場合は、前回の「WORDPRESSのプロビジョニング」からやり直せばOKです。その際、プロファイル名とデータベース名は変えて下さい。(同じのにするとどうなるのか未確認)

本来、プロビジョニングが何度もできるのは複数のホスト名(マルチドメイン)に対応するためのものです。kusanagi targetコマンドはwarm-up、bcacheおよびupdateコマンドの対象プロファイルを変更すると説明にありますしね。

プロファイル名を最初にkusanagi_html、次にkusanagi_html2としてプロビジョニングしてみたのですが、nginxの設定ファイルを確認したところ同じserver_nameで別のドキュメントルートとなってました。ちょっと考えると当然なのですが……ですのでクリーンな状態に戻せたのはたまたま後でプロビジョニングした方が有効になったためです。

おそらくファイル名順で先に読み込んだ方が有効になっているのではと思います。下記コマンドでもコンフリクトしていると警告が出てました。

nginx -t

ですので、正しくは現在のプロファイル名よりも前にくるプロファイル名ならばOKです。例えば最初が「bbb」なら「aaa」はよくて「ccc」は駄目です。

ちなみに同じプロファイル名を入力すると先に進めませんでしたが、同じデータベース名は入力できました。ただ、そうするとクリーンな状態には戻りませんのでご注意ください。

-WordPress