また旅

日々のこと、画面の中でのこと (今はIDCFクラウド、KUSANAGI、WordPress、Vagrant及びCodeIgniter).

Mac ソフトウェア

Skitchにもユニークなファイル名を自動で付ける方法がありました

Skitchを使ってて何が不満だったかというと、ファイル名に関してでした。

キャプチャ時に自動で設定されるファイル名はウィンドウのタイトルでそのままではほぼ使えません。

また、ファイル名を設定してDrag Meをドラッグ&ドロップすると、一回目は問題ないのですが、画像を修正したりして再度ドラッグ&ドロップすると設定したファイル名の後ろにハイフンと数字が自動で付加されてしまいます。

私も今まで英単語を並べていちいちファイル名を付け、画像を修正したら付加された連番を消したりしていました。

 

そして今日、JingというSkitchと同じ様な機能を持つが、自動で付くファイル名が年月日を含むユニークな名前になるアプリケーションを調べていたところ、Skitchにも同じ様な機能があることを知りました。

 

ブログを「分かりやすく」書くために [Mac][tips]スクリーンショットアプリ「Skitch」と「Jing」を比較してみた!あとちょっとしたTips。 | OZPAの表4

 

その方法はファイル名を削除してDrag Meをドラッグ&ドロップです。

そうすると自動的にskitched-20120801-225208.jpgといった、年月日と時分秒を含むファイル名が付加されます。まったく気がつきませんでした。

 

Skitch unique filename

 

先頭のskitched-が個人的には不要で削除する必要がありますが、それでも今までの手間を考えると非常に楽になりました。

 

 

Skitch 1.0.11App
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, グラフィック&デザイン

-Mac, ソフトウェア