また旅

日々のこと、画面の中でのこと (今はIDCFクラウド、KUSANAGI、WordPress、Vagrant及びCodeIgniter).

Sublime Text 3

WindowsのSublime Text 3のGitプラグインで秘密鍵を指定する

Git for Windowsをデフォルトのインストール先のまま、またはパスを通す設定にしてないと、もしかしたら駄目かもしれません。

今回はVisual Studio Team Servicesにあるリポジトリのclone、pullおよびpushを確認しましたが、GitHubもいけると思います。

Windowは10のHome、Sublime Text 3は最新、Gitは2.15.1の状態です。

 

それでは、Package ControlのInstall PackageでGitをインストールしてください。

続いて、エクスプローラーでユーザーフォルダを開いてください。アドレス欄に %HOMEPATH% を入力、エンターでも開きます。

開いたら .sshフォルダに秘密鍵ファイル id_rsa をコピーしてください。(無かったらコマンドプロンプトから作ってください。)

これでVisual Studio Team Servicesの公開鍵とあってればcloneできるはずです。適当なリポジトリを作って、Command PaletteでGit: Custom Commandで……すみません、Sublime Text 3のGitプラグインではcloneは無理でした。コマンドプロンプトかGit Bashを開いて、適当なディレクトリに移動して、下記を実行してください。

git clone ssh://your-account@vs-ssh.visualstudio.com:22/your-project/_ssh/your-project

成功すると魚かラッパ?みたいなアスキーアートが表示されます。これでクローンしたリポジトリでは問題なくpush、pullできると思います。

 

続きまして、秘密鍵を変更する方法です。

Command PaletteでGit: Custom Commandを選択、下記のコマンドを実行してください。コマンド中の~は上記ユーザーフォルダを意味します。もちろん全てのコマンドはGit Bashで実行しても同様です。

config --local core.sshCommand "ssh -i ~/.ssh/id_rsa_new -F /dev/null"

これでCommand PaletteでGit: PullまたはGit: Pullすると下記のエラーが表示されると思います。

Warning: Identity file /c/Users/your-name/.ssh/id_rsa_new not accessible: No such file or directory.

これで秘密鍵ファイルの指定はできていますので、とりあえず id_rsa を id_rsa_new にリネームして再度Pull、Pushできるか試してみてください。

 

長々と書きましたが、Git for Windowsで秘密鍵ファイルを指定する方法ですな……

-Sublime Text 3