また旅

日々のこと、画面の中でのこと (今はIDCFクラウド、KUSANAGI、WordPress、Vagrant及びCodeIgniter).

Mac

Macに無料でついている辞書の使い方

Macには最初から国語辞典、英和/和英辞典、類語辞典そして英英辞典がインストールされています。

(英英辞典は環境設定から有効にする必要がおそらくあります。またそのほかにApple用語辞典やWikipedia検索(オンライン時のみ)があります。)

 

アプリケーションの中にある「辞書」がそれです。

Mac dictionary

 

使い方は

1.検索したい辞書を選択して

2.調べたい言葉を入力する。

 

以上、ここまでは普通の使い方です。

 

便利なのは

command + control + D

です。

説明するより試していただく方が早いと思います。適当な単語の上にカーソルを移動して上記のキーボード操作を行って見て下さい。

例えばこのブログタイトルの下にある「シニア」にマウスカーソルを移動して行った場合

Point senior

ブラウザ(Google Chrome)上

 

「シニア」の単語の意味がポップアップで表示されたと思います。

1.説明部分をクリックすると全文が表示されます。

2.辞典名部分をクリックすると辞書アプリケーションが起動します。

 

また文字列を選択した状態行うと、選択した文字列の意味が(辞典内にあれば)表示されます。

 

この機能が使えるかは辞書を検索したい文字列を持つアプリケーションの作りによります。他の操作が割り当ててある場合はもちろん機能しません。またブラウザだとJavaScriptの影響で機能しないことがあるようです。

 

以上、Mac OS X Lionにて。辞書アプリケーションはLeopard以降についているようです。

-Mac